カードローン審査

MENU

カードローン審査が通りやすいところはどこ?

カードローン審査のノウハウというのはその会社にとっては最高機密の情報であり、金融機関側としても公表していません。ですからカードローン借り換えの審査基準は傾向としては似たところがあっても各社それぞれで違うため、審査に通るかどうかというのは審査を受けてみなければわからないというところがあります。しかし審査に落ちてしまってはお金を借りることができませんし困ってしまいます。カードローンの審査が通りやすいところというのはどういったところなのでしょうか。

 

まず一般的に、カードローンの審査のハードルというのは金利の高さに反比例します。審査のハードルが高いところは低金利、ハードルが低いところは高金利、という具合ですね。そのため、低金利な銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンがまず審査に通りやすい、ということが言えます。

 

審査の厳しい銀行カードローンといってもその通りやすさには違いがあります。銀行カードローンのなかには近年新しくカードローンに参入した金融機関もいくつかありますが、そうした新しいところほど審査のノウハウがまだ出来上がっておらず、審査のハードルが低くなるケースがあるのです。

 

また銀行カードローンのなかには大手都市銀行のほか、ネット銀行系、そして流通系のカードローンというのがあります。流通系というのは本業がデパートやスーパーなど流通業をしている企業の系列のカードローンです。例えば楽天市場の楽天グループにある楽天銀行カードローンやイオングループのイオン銀行カードローンなどがそれにあたります。この流通系は独自の審査基準を持っているなど大手都市銀行と比べると審査のハードルが低いと言えるでしょう。

 

また、審査が通りやすいとされる消費者金融のなかでもどこも審査のハードルが同じというわけではありません。金利や限度額などがほぼ横並びな大手消費者金融でも違いがあります。まずプロミスのような無利息サービス期間を設けているかD?ドローンというのは、それを設けていないカードローンよりも審査が若干厳しくなります。

 

どういう理屈なのかというと、これも審査のハードルが金利の高さに反比例するのと同じ理屈となっていて、無利息でお金を貸すことがある分、他社よりも利息収入が減ることとなります。審査を甘くしてしまいますと貸し倒れリスクが高くなってしまいますから、無利息サービスを提供するために審査の方を少し厳しくして貸す人を厳選する必要がでてくるというわけです。

 

こうした仕組みから考えますと、一番に審査が通りやすいのが無利息サービスのない消費者金融、次いで無利息サービスのある消費者金融、そして流通系カードローンに続いてネット銀行系や外資系銀行などの新規参入のカードローン、審査のハードルが最も高いのが大手都市銀行、という順位付けとなります。継続的な無利息サービスのない大手消費者金融のアコムは、やはり大手のなかでも一番審査通過率が高くなっており2013年は5割に迫る通過率となっていました。

 

ただし、先にも挙げたように審査基準は各社それぞれです。一番厳しいとされる大手都市銀行でも三菱東京UFJ銀行カードローンのように審査が比較的柔軟なところもありますので、傾向として頭に入れておきながらやはり口コミや評判などもチェックしていくといいでしょう。

 

カードローンの審査の基準には、どんなものがあるのでしょうか?カードローンを利用したいという方にとっては、その審査基準が何よりも気になるところではないでしょうか。借りられるつもりで申し込んだのに審査に落ちてしまったら、予定が狂いますし、自信もなくなってしまいますよね。また、無職でも審査には通るのか?主婦でも審査に通るのか?などの疑問を持っている方もいらっしゃると思います。ここでは、そんなカードローンの審査基準について紹介します。

 

カードローンの審査基準は、詳細には公表されていません。ですから、カードローンの審査に通らなかったときでも、最終的に何が問題だったのか分からないまま、ということが少なくありません。ですが、基準になるのは「返済能力」。定期的に返済している能力があるかないか、というところになります。たとえば、安定した企業に勤める正社員なら問題なく審査に通る場合が多いですし、限度額も多くなります。逆に、無職の学生であれば、何のお金で返済していくのかが不明であるため、審査に通るケースは稀だといえるでしょう。

 

逆に言えば、無職の方でも、「返済能力がある」ことを証明できれば審査に通ることもあるといえます。たとえば、今は無職でも一か月後には正社員として働くことが決まっている場合などは、返済能力があるとみなしてもらえるかもしれません。もしも「自分は審査に通らないかも?」と不安なら、あらかじめその事情を問い合わせてみるなどの工夫をすれば、審査にも通りやすいと考えられます。